忍者ブログ
アニメ・漫画・フィギュア情報
2019/08/22 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/01/08 (Tue)
下北沢南口の短編映画館「トリウッド」(世田谷区代沢5、TEL 03-3414-0433)で
1月19日より、坂元友介さんの短編アニメーション10作品からなるプログラム
「坂元友介アニメーション全集」を上映する。

坂元さんは、現在22歳の新進クリエーター。
高校時代から油絵を学び、独学で人形アニメーションを制作するようになった。
2002年に制作した処女作「息子の部屋」でキリンアートアワード2002の奨励賞を受賞。
以後、発表する作品は、文化庁メディア芸術祭など国内有数のアニメーション映画祭で
称賛を浴びるとともに、2005年にはパリのカルティエ現代美術財団で作品が
上映・所蔵されるなど、目覚ましい活躍を見せている。

上映される作品は、高校時代の処女作から、今回のプログラムのために撮り下おろされた
最新作「とんかつさん~朝~」までを含む短編全10作品。
初期の7作品を上映するAプログラムと、NHKデジタルスタジアムでベストセレクションに
選ばれた「在来線の座席の下に住む男」や最新作を含む3作品を上映するBプログラムの2種類を
交互に上映する。独特のタッチで描かれた絵画を元にしたものや、
人形を動かす3Dのクレイアニメなど、表現方法はさまざまだが、
どの作品も人間の悲哀や再生、皮肉やユーモアがたっぷり含まれている。

トリウッドの大川さんは「シュールなのにどこか温かみがある作品ばかり。
ちくっときたり、切なくなったり、ほろりとしたり、いろいろな感情を刺激される。
若い才能を気軽に楽しめる短編で味わってほしい」と話している。

料金は、1プログラム=800円、2プログラム=1,400円。
1月26日には、坂元さんの師で、「ガラガラヘビがやってくる」「がじゃいも」などの
PVのクレイアニメを制作したアニメ作家森まさあきさんとのトークイベントも予定している。
2月8日まで。

下北沢経済新聞
http://shimokita.keizai.biz/headline/318/
PR
Trackback
Trackback URL:
[3335] [3334] [3333] [3332] [3331] [3330] [3329] [3328] [3327] [3326] [3325]
+++admin
 フィギュア
 最新記事
(01/08)
(01/08)
(12/17)
(12/17)
(12/17)
(12/13)
(12/13)
(12/13)
(12/13)
(12/13)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/10)
(12/10)
(12/10)
(12/10)
(12/09)
(12/09)
(12/09)
(12/09)
(11/27)
(11/27)
 フリーエリア
カウンター 作成ステキツール新着情報ハードディスク メーカー別スキャナー 比較

 カウンター
忍者ブログ | [PR]