忍者ブログ
アニメ・漫画・フィギュア情報
2019/10/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/04/12 (Sat)
「3次元仮想世界がネット上の行動の起点になる時代が来る」――ドワンゴやゲームメーカーなど
5社で構成する製作委員会がこの夏、美少女ゲームの世界観を忠実に再現した3次元仮想世界
「ai sp@ce」(アイスペース)をオープンする。

■ 「アニメの中心」に立ちたい

企画がスタートしたのは2006年。「ネット上に初音島(D.C.IIの舞台)を作って土地を売りたい」という
サーカスのアイデアと、「美少女カードゲームのノウハウを活用したMMORPGをやりたい」という
ブシロードのアイデアが、ドワンゴのアニメ事業部に同時期に寄せられ、検討を始めた。太田副社長は
「当初はとまどったが、2つのアイデアを組み合わせると面白いのではないかと考えた」という。

07年にこの構想は「アニメ事業部でやるべきこと」に変わっていた。子会社ニワンゴのPC向け動画
共有サービス「ニコニコ動画」が大ブレイク。高トラフィックのネットサービスのノウハウが蓄積できた
ことで、構想は一気に現実化した。

同社は従来から“コンテンツの中心に立つメディア”になることを目指してきたという。携帯向けでは、
静止画と音声を組み合わせたさまざまな番組を再生できる“携帯放送局”「パケラジ」を05年にスタート。
着うた・着メロサイトにも、ニュースや占い、検索窓などを設置し、ポータルとしての役割を持たせている。

アニメソングを集めたライブ「アニメロサマーライブ」も05年にスタートして人気となり、「レコード会社の
“中心に立つ”ことに成功した」と太田副社長は話す。アニメの“中心に立つ”――最近はアニメの
原作になることも多い美少女ゲームにインフラを提供することには、そんな狙いもあるという。

■ 美少女ゲームメーカーも「やりたいが技術がない」

美少女ゲームメーカーも、以前から3次元仮想世界に興味を持っていた。美少女ゲームの多くは、
イラストやアニメと、テキストを組み合わせた「サウンドノベル」と呼ばれる作り。ストーリーや世界観を
2次元で構成する能力に秀でているが、3次元で世界観を構築する技術力がなく「仮想世界を
やってみたいができない」と考えるメーカーも多かった。

美少女ゲーム作曲家のアッチョリケさん(オメガビジョン所属)も「美少女ゲームの仮想世界は誰もが
一度は考えたことがあるものだが、コンテンツとオンラインコミュニティー運営ができる企業が存在せず、
実現不可能と思っていた」と話す。そこにドワンゴのインフラとヘッドロックの技術が力を貸す。

ITmediahttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/11/news122.html
PR
Trackback
Trackback URL:
[4170] [4169] [4168] [4167] [4166] [4165] [4164] [4163] [4162] [4161] [4160]
+++admin
 フィギュア
 最新記事
(01/08)
(01/08)
(12/17)
(12/17)
(12/17)
(12/13)
(12/13)
(12/13)
(12/13)
(12/13)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/10)
(12/10)
(12/10)
(12/10)
(12/09)
(12/09)
(12/09)
(12/09)
(11/27)
(11/27)
 フリーエリア
カウンター 作成ステキツール新着情報ハードディスク メーカー別スキャナー 比較

 カウンター
忍者ブログ | [PR]